ソロキャンプ・ツーリングにおすすめのテント10選

ソロキャンプ用テントのおすすめ10選!ツーリングにも人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプをする上で欠かせないアイテムの一つであり、キャンプ用品の中でもしっかりと予算を掛けいいモノを揃えられることをおすすめしたいのが、キャンプ中の家となるテントです。

数多くのキャンプ・アウトドアブランドからたくさんのテントがラインナップされていますが、今回はソロキャンプやツーリング・登山で使えるようなコンパクトで軽量なサイズのモデルを中心にご紹介をさせて頂きます。

テントと言うと、慣れていなければ設営ができないというイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。その悪いイメージからキャンプをしたいという気持ちがあっても、二の足を踏んでしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そんなこれからキャンプを始められる方・キャンプやアウトドア初心者の方でも簡単に設営や撤収ができるモデルを、多くご紹介させて頂いておりますので、ぜひこの記事を参考になさってキャンプ・アウトドアにチャレンジをしてみてくださいね。

SPONSORED LINK

モンベル クロノスドーム1型

モンベル クロノスドーム1型

参考価格(税込):22,660円

使用時サイズ:長さ220cm×幅100cm×高さ105cm

収納時サイズ(本体):16×16×33cm

ポールバッグサイズ:約6cm×6cm×43cm

重量:2.19kg(総重量)

モンベル クロノスドーム1型の魅力

・広い居住空間を実現

・春~秋の3シーズン対応

・素早い設営、撤収が可能

・総重量2.19kgという軽量性

登山・トレッキングアイテムを中心に人気を集めているアウトドアブランドのモンベルからは、クロノスドーム 1型をソロキャンプにおすすめのテントとしてピックアップをさせて頂きます。

ツーリング・登山などコンパクトなパッキングをしたい方に人気のあるテントとなっています。その特徴としては総重量で2.19kgという軽量性を実現しながらも、ポールを直角に交差させるという独自のバーティカル・クロス・システムを採用していることで、広い居住空間を実現している点にあります。

また、ショックコードでポールとソケットが一体となっており、キャンプ初心者の方でも素早い設営・撤収が可能である点も魅力と言えます。そして、春~秋まで3シーズン使用でき、通気性が高い設計となっているので、夏にも涼しく結露をしっかりと防いでくれる点もおすすめのポイントですよ。

今回は1-2人用の一番コンパクトなサイズの1型をご紹介させて頂きましたが、そり広い居住空間の2人用のクロノスドーム2型もソロキャンプで使えるテントとしてのコンパクトさ・軽量性を実現していますので、合わせてチェックをしてみてくださいね。

モンベル ステラリッジテント1型

モンベル ステラリッジテント1型

参考価格(税込):39,420円

使用時サイズ:長さ210cm×幅90cm×高さ55cm

収納時サイズ:13×13×30cm

重量:1.44kg(総重量)

モンベル ステラリッジテント1型の魅力

・世界トップクラスの軽量性を実現

・登山で使える耐久性

・素早い設営と撤収が可能

・オプション品でオールシーズン対応

先程ご紹介をさせて頂いたクロノスドームよりもさらにコンパクトで、登山用に開発されたモンベルのステラリッジテント1型を、ソロキャンプにおすすめのテントとしてご紹介をさせて頂きます。

最大の特徴はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量で1.44kgという世界トップクラスの軽量性を実現している点にあり、長年に渡って登山家やアウトドア愛好家に愛用され続けているテントです。

登山に使えるテントですので、もちろん耐久性にも優れていて過酷な環境下でも十分に使用できるモデルとなっています。中でもスノーフライやグラウンドシートといったオプション品と合わせて使用することによって、春~秋の比較的暖かいシーズンだけでなく、真冬でも快適な居住空間を提供してくれるのも大きな魅力と言えます。

また、キャンプ初心者の方でも簡単かつ素早く設営・撤収ができるテントとなっています。登山用に開発されたモデルではありますが、荷物を極力少なくしたいツーリングなどでも活躍してくれます。今回は1人用の1型をご紹介させて頂きましたが、2人でも使えるステラリッジテント2型もございますので、用途によって合わせてチェックをしてみてくださいね。

コールマン トレックドーム カペラ/75

コールマン トレックドーム カペラ75

参考価格(税込):19,453円

使用時(インナー)サイズ:約75×225×105cm

重量:約1.6kg(ペグ、ロープ、収納ケースは含まない)

付属品:ペグ、ロープ、キャリーバック

コールマン トレックドーム カペラ/75の魅力

・コンパクトで軽量な収納サイズ

・ゆったりとした居住性を実現

・耐水圧約2,000mmの剛性の高さ

キャンプ用のケトルのご紹介や、釣り用の偏光グラスのおすすめでもアイテムをピックアップしたColemanからは、トレックドーム カペラ/75をソロキャンプにおすすめのテントとしてご紹介をさせて頂きます。

特徴としては、ツーリングや登山でも使えるようなコンパクトで軽量なサイズでありながら、ソロキャンプであれば十分なゆったりとした居住性を実現している点にあります。

また、耐水圧約2,000mmなど剛性の高さもおすすめのポイント。キャンプ初心者でも簡単に設営・撤収ができるモデルとなっておりますので、今年からソロキャンプを始められるという方にとっての最初のテントとしてもおすすめですよ。

重量が2.0kgで2名で使えるコールマン トレックドーム カペラ/120もございますので、よりゆったりとした居住空間のあるテントをお求めの方など、用途に合わせてチェックをなさってみてくださいね。

コールマン エクスカーションティピー/210

コールマン エクスカーションティピー

参考価格(税込):13,481円

使用時(インナー)サイズ:約210×150×170cm

収納時サイズ:径約17×50cm

重量:約4kg

付属品:ペグ、ロープ、収納ケース

コールマン エクスカーションティピーの魅力

・雨の侵入を防ぐ前室

・シンプルな構造で簡単設営

・ティピー型で室内広々

コールマンからは2017年に発売開始された新作のテントから、エクスカーションティピー/210をソロキャンプにおすすめのテントとしてご紹介をさせて頂きます。

特徴としては、雨天時の使用でも安心してお使い頂けるように前室を備え、開閉時に雨の侵入を防ぐように設計されている点にあります。また、室内にポールを立てるティピー型のテントであるため、室内で余裕を持って起き上がったりすることができたり、広々とした室内も大きな魅力と言えるでしょう。

シンプルな構造となっているので、キャンプ初心者でも簡単に設営や撤収ができます。使用人数の目安として2名までご利用頂けますので、ソロキャンプだけでなくご夫婦やお子様とお二人でのキャンプにもピッタリですよ。

ロゴス ROSY ツーリングドーム

ロゴス ROSY ツーリングドーム

参考価格(税込):8,618円

使用時サイズ:幅210×奥行100×高さ110cm

収納時サイズ:幅52×奥行12×高さ12cm

重量:約2.4kg

ロゴス ROSY ツーリングドームの魅力

・リーズナブルな価格

・設営や撤収が簡単

・持ち運びに便利なバッグ付き

ソロキャンプ用の焚き火台でもおすすめアイテムをご紹介したロゴスからは、ROSY ツーリングドームをソロキャンプにおすすめのテントとしてご紹介をさせて頂きます。

1万円を切るという非常にリーズナブルな価格で手に入れることができる点が、最大の魅力となっているソロキャンプ用のテントです。また、設営・撤収が簡単なタイプでもあり、持ち運びに簡単な便利なキャリーバッグも付属しているので、キャンプ・アウトドア初心者にもおすすめですよ。

初めてのテントとしてはもちろんのこと、ソロキャンプ用にサブのテントとしてもおすすめできるようなアイテムとなっていますので、2つ目・3つ目のテントをお探しの方はご検討のモデルの一つに加えてみてはいかがでしょうか。

ロゴス SOLOドーム(カモフラ) 

ロゴス SOLOドーム(カモフラ)

参考価格(税込):19,980円

使用時(インナー)サイズ:210×100×95cm

収納時サイズ:37×18×18cm

重量:2.5kg

付属品:収納バッグ付き

ロゴス SOLOドーム(カモフラ) の魅力

・オシャレなデザイン

・軽量で丈夫なジェラルミンフレーム

・通気性に優れたC型ドア

ロゴスからは2017年に新発売となったSOLOドーム(カモフラ)も、おすすめのソロキャンプ用のテントとしてご紹介をさせて頂きます。

カモフラ柄のオシャレなデザインや、軽量で丈夫なジェラルミンフレームを採用している点がおすすめのポイント。特に重量が2.5kgとなっていて、専用のキャリーバッグも付属しているので、ツーリングなどでも活躍してくれるテントとなっています。

また、通気性を向上させるためにC型のドアが採用されていたり、UVカットが施されたフライシートを採用するなど、断熱効果も期待することができ、春~秋まで3シーズンに渡ってお使い頂ける点も魅力と言えます。

スノーピーク アメニティドーム

スノーピーク アメニティドーム

参考価格(税込):29,808円

キャリーバッグサイズ:58×18×23 (h)cm

重量:5kg

付属品:ペグ,キャリーバッグ,フレームケース,ペグケース 

スノーピーク アメニティドームの魅力

・快適性,耐久性を両立するテント高

・ゆったりとした前室

・大型のフロントパネル

・設営が分かりやすい工夫

スノーピークのおすすめキャンプグッズでもご紹介をさせて頂いた、アメニティドームもソロキャンプにおすすめのテントとしてピックアップをさせて頂きます。

アメニティドームはスノーピークのテントの中でも、エントリーモデルとして多くの方に愛用されているロングセラーアイテムです。そのアメニティドームが2017年モデルでリニューアルされ、快適性と耐久性を両立するようなテント高となり、さらに使いやすいテントとなった点が魅力。

また、ゆったりとしたサイズの前室を備え、大型のフロントパネルをタープのように使用することができる点も、ソロキャンプにおすすめできる理由の一つとなっています。フレームエンドが色分けをされていて、設営が簡単にできるように工夫が施されているので、キャンプ・アウトドア初心者の方にもおすすめですよ。

重量が約5kgと比較的重量があるテントですので、ソロツーリングなどでは若干難しい部分もあるかと思いますが、車や複数人で行くツーリングでは活躍してくれること間違い無しですので、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

スノーピーク ファル2

スノーピーク ファル2

参考価格(税込):50,544円

使用時(インナー)サイズ:W128×D205×H100cm

収納時バッグサイズ:径17×33cm(本体ケース)

重量:1705g(本体・フレームのみ)

付属品:ペグ,本体ケース,フレームケース,ペグケース 

スノーピーク ファル2の魅力

・約20秒の簡単設営

・開閉可能なベンチレーション

・空気の循環が高まる設計

・2kgを切る軽量性

スノーピークからは、山岳用テントとして人気を集めているファル2も、ソロキャンプ・ツーリングにおすすめのテントとしてご紹介をさせて頂きます。

スノーピーク ファル2の魅力としては、約20秒でできる簡単設営にあり、登山用としてのテントをお探しの方はもちろん、ソロキャンプをこれから始める方にとっても使いやすいテントの一つであるかと思います。また、重量が2kgを切る1705gとなっていて、ツーリングなどできるだけコンパクト・軽量にパッキングをしたい方にもおすすめですよ。

その他にも、開閉が可能なベンチレーションや、テント内の空気の循環がされやすいように、前後についているメッシュパネルの位置を考慮していたりと、キャンプ・アウトドアブランドの中でもクオリティの高さで好評のスノーピークらしさを感じられる点も大きな魅力と言えるでしょう。

DOPPELGANGER ワンタッチテント

DOPPELGANGER ワンタッチテント

参考価格(税込):7,405円

使用時(インナー)サイズ:幅1930×奥行き1320×高さ1030mm

収納時サイズ:650×直径150mm

重量:約2.4kg

付属品:トップシート,ランタンメッシュシート,ペグ,ストームロープ,キャリーバッグ

DOPPELGANGER ワンタッチテントの魅力

・リーズナブルな価格

・約15秒でできるワンタッチ設営

・持ち運びに便利なキャリーバッグ付き

リーズナブルな価格でキャンプ・アウトドアアイテムを展開しているDOPPELGANGERからは、ワンタッチテントをソロキャンプにおすすめのテントとしてご紹介をさせて頂きます。

最大の魅力は約15秒でできるワンタッチ設営にあります。テントの上部にあるジョイント部分のロープを上に引っ張るだけで設営できるので、テントの設営が初めてのキャンプ・アウトドア初心者にも簡単にお使い頂けるモデルとなっています。

また、持ち運びに便利なキャリーバッグが付属していたり、耐久性に優れたグラスファイバーポールを採用するなど、1万円を切るエントリークラスのテントながらも、安心して便利にご利用頂けるのもおすすめのポイントですよ。

DOPPELGANGER ライダーズワンタッチテント

DOPPELGANGER ライダーズワンタッチテント

参考価格(税込):16,500円

使用時(インナー)サイズ:W2100×D1200×H1000mm

収納時サイズ:560×直径170mm

重量:2.9kg

付属品:ペグ,ストームロープ,キャリーバッグ

DOPPELGANGER ライダーズワンタッチテントの魅力

・バイク積載が可能なコンパクトさ

・15秒でできる簡単設営

・耐水圧3000mmのフライシート

DOPPELGANGERからはツーリング用に開発をされた、ライダーズワンタッチテントもおすすめのソロキャンプ用のテントとしてピックアップをさせて頂きます。

先程ご紹介をしたワンタッチテントと同じく、ジョイント部分のロープを引っ張るだけのワンタッチシステムによる簡単設営が可能です。もちろん撤収も非常に簡単ですので、キャンプに慣れていなくてテントの設営が不安という方にぜひお試し頂きたいモデルとなっています。

また、ツーリング用に開発をされているので、バイク積載ができるコンパクトなサイズも魅力。コンパクトなだけでなく、耐水圧3000mmのフライシートを採用するなど、耐久性の面でも安心してご利用頂くことができます。

その他には、テント内にいる時に靴やラーダーブーツを置いておくことができる荷室を確保することができたり、テント内の空気を循環しやすくしてくれる大型のベンチレーターがついていたりと、テントとしての機能面でもおすすめですよ。

ソロキャンプ用テントの選び方

ここまでソロキャンプやツーリング用のテントをお探しの方に向けて、おすすめのテントをご紹介させて頂きましたが、今回ご紹介させて頂いたテント以外にも、多くのキャンプ・アウトドアブランドからたくさんのコンパクト・軽量サイズのテントがラインナップされています。

そのため、どのテントを選んで良いか悩んでしまうという方も、非常に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回ソロキャンプ用のテントをお選びになられる際に、ポイントになる項目を下記にまとめさせて頂きました。

重量

使用時サイズ・使用人数

収納サイズ

設営について

耐水性・耐久性

重量や使用時のサイズ・人数、収納サイズについては、車でのキャンプで使用するのか、バイクなどで行かれるのかによって大きく変わりますので、用途に合わせてテントの候補の絞り込みをする指標とされることがおすすめです。

また、設営については昔のテントのように、分かりにくく慣れていないと設営ができない・・・というテントは比較的少なくなってきていますが、単独でのソロキャンプではお一人で設営をしなければいけないので、できるだけ簡単に設営できるモデルがおすすめです。

しかし、設営が簡単と謳われているモデルには、どうしても耐久性が落ちてしまうというモデルも存在しますので、特にあまり名前を聞いたことがないようなブランドのテントをお選びになる際には、ご注意頂いた方がよろしいかと思います。

ソロキャンプ用おすすめテントのまとめ

今回は、ソロキャンプで活躍できるコンパクトで軽量なテントのおすすめを、ご紹介して参りましたがいかがでしたでしょうか。

テントはキャンプ・アウトドアのメインのアイテムと言っても過言ではないので、可能であればできるだけ予算を確保し、長い間ご愛用頂けるようなモデルをお選びになられることをおすすめします。

ソライロマグでは、今後ソロキャンプで使える便利なアウトドアグッズや、ファミリーキャンプでも使える大きなサイズのテントをご紹介していく予定でおり、それぞれのレビューについてもお届けして参りますので、facebookやtwitterなどをいいね・フォローして頂き、更新情報をチェックなさってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSORED LINK